2018年04月17日

TOHOシネマズ岐阜で「空海―KU−KAI― 美しき王妃の謎 さ」上映時間:131分を観ました

2018/04/16(月)晴れ


TOHOシネマズ岐阜で[空海―KU−KAI― 美しき王妃の謎  上映時間:131 ]観ました


黒の妖怪猫がいきなり登場 ニャンコ好きにはたまりませんでした CGが凄い迫力だなあと思いながらも予告編だけでなんの知識もなく観ているので登場人物が多く関係がよくわかりません 阿倍仲麻呂が登場したあたりから謎解きがなんとなくわかってきました

観終わって原作が読みたくなり早速南米密林古本屋でポチりました



監督:チェン・カイコー

出演:染谷将太、ホアン・シュアン、チャン・ロンロン、火野正平、松坂慶子、キティ・チャン、チン・ハオ、リウ・ハオラン、チャン・ルーイー、阿部寛


INTRODUCTIONイントロダクション

東宝×KADOKAWA初の共同配給作品にして、日中共同製作映画として史上最大の本格ビッグプロジェクト 『空海−KU-KAI 美しき王妃の謎』。

監督は、カンヌ国際映画祭パルム・ドールやゴールデングローブ賞など多数の受賞歴を誇る、世界的巨匠チェン・カイコー。

原作は、「陰陽師」シリーズ、「神々の山嶺」などのベストセラー作家・夢枕獏。

主人公の若き天才僧侶・空海を演じるのは、本作が海外作品初主演となる染谷将太。

空海の相棒となる稀代の詩人・白楽天(後の白居易)には、日本でも話題となった中国ドラマ『ミーユエ 王朝を照らす月』での好演が記憶に新しい、実力派人気俳優ホアン・シュアン。

そして本作の最重要人物、傾国の美女とも呼ばれた中国唐代の皇妃・楊貴妃には、類まれなる美貌と実力を持ち合わせた女優 チャン・ロンロン。

さらに、空海と白楽天が追う怪事件のカギを握る人物・阿倍仲麻呂には阿部寛。

その他、松坂慶子や火野正平など、若手からベテランまで、日中オールスター俳優がチェン・カイコー監督の下に集結した。


さらに、本作の日本語吹替えキャストにも、超豪華俳優陣が顔を揃えた。

空海の相棒・白楽天に高橋一生、楊貴妃に吉田羊、さらには東出昌大、イッセー尾形、寛一郎、六角精児など、日本映画界を代表するバラエティに富んだ実力派俳優が参加する。

そして主題歌を担当するのは、歴史的大ヒットを記録した『君の名は。』で世界にその名を知らしめ、独特の歌詞と音楽性で多くのファンを魅了するRADWIMPS

監督と綿密なディスカッションを重ね本作のために書き下ろした儚くも壮大なバラードが、国境と言葉の壁を越え、作品世界をさらに大きく彩る。


日本の原作、中国のスタッフ、そして日中を代表する豪華実力派俳優の競演。

唐の首都・長安の街を、かつてない規模で再現した美しく雄大なセットを舞台に、史上空前のスケールで描かれる、東洋の「ダ・ヴィンチ・コード」とも言うべき極上のエンターテインメント大作が誕生する。


巨匠チェン・カイコー監督の集大成。 壮大で極上な、究極の映画体験を― 全ての映画ファンに捧ぐ。

1200年以上前、日本から遣唐使として中国・唐に渡った若き天才僧侶・空海。あるきっかけで知り合った白楽天という詩人(のちの白居易)との交流を深めていく中、世界最大の都・長安の街は、権力者が次々と奇妙な死を遂げるという、王朝を震撼させる怪事件に見舞われる。空海は、白楽天とともに一連の事件を探るのだが、約50年前に同じく唐に渡った、鍵を握るもう一人の日本人・阿倍仲麻呂の存在を知る。仲麻呂が仕えた玄宗皇帝の時代、そこには国中を狂わせた絶世の美女、楊貴妃がいた。極楽の宴、妖猫の呪い、楊貴妃の真実、歴史を揺るがす巨大な「謎」――。


STORYストーリー

1200年以上前、日本から遣唐使として中国・唐へ渡った若き天才僧侶・空海。
あるきっかけで知り合った白楽天という詩人(のちの白居易)との交流を深めていく中、世界最大の都・長安の街は、権力者が次々と奇妙な死を遂げるという、王朝を震撼させる怪事件に見舞われる。

空海は、白楽天とともに一連の事件を探るのだが、約50年前に同じく唐に渡った、鍵を握るもう一人の日本人・阿倍仲麻呂の存在を知る。
仲麻呂が仕えた玄宗皇帝の時代、そこには国中を狂わせた絶世の美女、楊貴妃がいた。
極楽の宴、妖猫の呪い、楊貴妃の真実、歴史を揺るがす巨大な「謎」――。
楊貴妃の命を案じた阿倍仲麻呂は何を知っていたのか
空海と白楽天、二人が辿り着いた真実とは

海を渡った若き天才僧侶・空海と、中国が生んだ稀代の詩人・白楽天。
二人はやがて、歴史に隠された哀しき運命と対峙することとなるー。

史上空前の超天才 空海が、歴史を変える奇跡を起こす



https://hlo.tohotheater.jp/net/movie/TNPI3060J01.do?sakuhin_cd=014995




posted by httr at 06:02| 岐阜 ☁| Comment(0) | 外国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

「旅情」観に来ました

2016/05/08(日) 晴れ

 名古屋に出掛けようかなと
昨夜までは考えていましたが
腰が重痛い
よって
先週の日曜日に続き
センチな気分に浸りたくて
東宝シネマズ岐阜
午前十時の映画祭7
「旅情」観に来ました
この映画も
学生の頃早稲田松竹で観たと思います

 正直
当時はたいした映画じゃないと思ってました
ボクも年老いたのかな
キャサリン・ヘップバーンの心理
よく分かる
やっぱウマい
名画でしたネ
posted by httr at 14:00| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

映画 グレン・ミラー物語 スイング感たまらないネ

2016/01/11(月) 晴れ時々曇り 成人の日

 成人の日
映画 グレン・ミラー物語
だいぶ昔に観ました
もう一度愉しみます
東宝シネマズ岐阜
新・午前十時の映画祭デス

 良かった!
スイング感たまらないネ
posted by httr at 07:29| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

黄金のアデーレ素晴らしい映画観ました

快晴

 午後から久しぶり岐阜の柳ヶ瀬商店街に来ました
まったく賑わいの欠片もありません
閑古鳥が鳴いております

 初めてCINEXにやって来ました
黄金のアデーレ
素晴らしい映画観ました
元日にして
今年ボクのいちばんになるかも知れません
午前観た日本映画といい
後世に残る映画観ることできました

 いろいろ学び考えさせられる
佳き元日を過ごすことができました
posted by httr at 15:13| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

映画「恋に落ちたシェークスビア」

2015/08/02(日) 快晴

 本日も朝から熱暑であります
こんな日は映画館で避暑に限ります
カラフルタウン東宝シネマズ岐阜
新・午前十時の映画祭
今朝は「恋に落ちたシェークスビア」です

 シェークスビアや
ロミオとジュリエットのこと何も知らなくても
美男美女の恋の話だけでも面白かったし
1600年前後の英国のことも多少分かって
良かったです
映画のことはまた調べて追加しますね
posted by httr at 17:00| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

8月の鯨 イイ映画でした

2015/07/26(日) 晴れ

 本日も猛暑日になりそうですね
ボクはこれから映画館に避暑に行きます
みなさまもお気をつけ願います

 小銭だけでは買えない 
札入れには千円札なくて
缶コーヒー買えず 
仕方なくレイコとボッブコーンを
カラフルタウン東宝シネマズ売店で買いました 
若い時もそうですが
映画館で物を食べることほとんどしません 
今日はプチ贅沢じゃあ〜

 新・午前十時の映画祭で「8月の鯨」を観ます
蝉じゃありませんよ
初めて観ます
どういう映画かは観てのお楽しみ 
この映画には
ポップジョーンはおそらく不似合いだと思いますので
始まる前までに片付けちゃいます

 8月の鯨
いい映画でしたね
誰でも年老いていく
この映画の本当の良さ分かるのは
後10年くらい先かなあ〜〜
それまで元気でいたい!
また観よっと
posted by httr at 07:31| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

ローマの休日 やはり何度観てもいいです 

2015/05/05 月 子供の日 快晴

 ローマの休日 
やはり何度観てもいいです 
オードリー最高です! 
映画っていいなあと
改めて思った次第であります
posted by httr at 23:44| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東宝シネマズ岐阜に来ております

2015/05/05 月 子供の日 快晴

 昨日の雨から一転
快晴の朝ですが
ちょっぴりひんやりしております
ボクのベスト1洋画
ローマの休日観に
東宝シネマズ岐阜に来ております
新・午前十時の映画祭であります

posted by httr at 23:42| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

「ナイトミュージアム/エジプト王の秘密」観てきました

2015/03/30(月) 晴れ

 正月明けウマ友IDクンからもらったチケット 
明日で期限切れになりますので
折角ですから
大垣シネマワールドで
「ナイトミュージアム/エジプト王の秘密」
観てきました

 導入部30分くらい眠ってしまい
どういう理由か分からないまま
後半のナイトミュージアム内のドタバタに
子どもや若い人には受けるのでしょうか? 
アラカンには全く理解できない荒唐無稽さでした

日本公開:2015年
監督:ショーン・レヴィ
出演:ベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ、オーウェン・ウィルソン
上映時間:97分
料金:0円
観客:10人くらい

監督 脚本:監督:ルネ・クレマン
出演:アラン・ドロン、マリー・ラフォレ

<2015年に観た外国映画>

1.「太陽がいっぱい」(2月15日(日)東宝シネマズ岐阜 スクリーン7 1000円)
2.「ナイトミュージアム/エジプト王の秘密」(3月30日(月)大垣シネマワールド
 0円

<東宝シネマズ岐阜HPから>
1938年、エジプト。遺跡の発掘現場で、考古学者の息子が地下墓地に転落。そこで光
り輝くファラオの石板〈タブレット〉が発見された――。
現代のニューヨークのアメリカ自然史博物館。新設されたプラネタリウムの祝賀パー
ティーを準備中のラリーは大忙し。晩餐会では満天の星空を見せながら、“テディ”
ことセオドア・ルーズベルトが心を動かすスピーチを行い、大成功……のはずだっ
た。ところが、なんとテディがいきなり乱心、展示物の仲間たちまで乱入して大暴
れ!?
posted by httr at 21:47| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

今年の映画始め「太陽がいっぱい」

2015/02/15(日) 雨のち晴れ

 カラフルタウンにある東宝シネマズ岐阜で
新・午前十時の映画祭「太陽がいっぱい」
観てきました 
実に昨年10月以来久々の映画であります

 アラン・ドロンと言えば太陽がいっぱい
太陽がいっぱいと言えばアラン・ドロン
ボク大好きなんです
テレビと違って
スクリーンで観るとやはりいいですね
後半のドキドキ感
特にラストシーンはたまりません
音楽は言うまでもなく素晴らしいです
遅まきながら今年の映画始めでした!

日本公開:1960年
上映時間:117分
料金:1000円
観客:十数人人

監督 脚本:監督:ルネ・クレマン
出演:アラン・ドロン、マリー・ラフォレ

<2015年に観た外国映画>

1.「太陽がいっぱい」(2月15(日)東宝シネマズ岐阜 スクリーン7 1000円)

<東宝シネマズ岐阜HPから>

アメリカ人の青年トム(A.ドロン)と友人のフィリップ(M.ロネ)はナポリに遊びにきていた。トムは裕福なフィリップの父親から、フィリップをアメリカに連れ戻すよう頼まれていた。だがフィリップにはフランス人の恋人マルジェ(M.ラフォレ)がおり、アメリカに帰るつもりはなかった。フィリップに疎んじられるなかトムは、彼を殺して彼に成りすますことで彼の財産と恋人を奪おうと計画する……。
posted by httr at 21:43| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

映画「恐怖の報酬」やっと観ました

2014/10/12(日) 曇り

 羽島市美展応募搬入は
シャ友かつfb友の地元大先輩にお願いしてありましたので 
TELでそのままお願いさせていただきました

 東宝シネマズ岐阜 
新・午前十時の映画祭
「恐怖の報酬」
1953年制作フランス映画 
中米を舞台に
危険なニトログリセリンを運ぶ仕事を請け負った4人の男達を追う
サスペンス映画

 ぼくの指定席H10で観ました
前半のけだるさ 
後半一転
スリル サプライズの連続 
リアリズムの極致 
スゴかった! 

 明日もし名古屋での錦秋顔見世中止ならば
もう一度観に行こう!

日本公開:1954年
上映時間:131分
料金:1000円
観客:10人

監督 脚本:アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
出演:イヴ・モンタン シャルル・ヴァネル フォルコ・ルリ ペーター・ファン・アイク ヴェラ・クルーゾー

<2014年に観た外国映画>

1.「恐怖の報酬」(10月12日(日)東宝シネマズ岐阜 スクリーン2 1000円)
2.「黄昏」(7月27日(木)東宝シネマズ岐阜 スクリーン4 1000円)
2.「あなただけ今晩は」(5月25日(日)東宝シネマズ岐阜 スクリーン2 1000円)
2.「カサブランカ」(1月1日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン4 1000円)
5.「オズの魔法使い」(8月13日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン4 1000円)
6.「イントゥ・ザ・ストーム」(9月5日(金)垣コロナワールド スクリーン7 1100円)
6.「GODZILLAゴジラ」(8月13日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン8 0円)
8.「第三の男」(6月22日(日)東宝シネマズ岐阜 スクリーン4 1000円)
9.「ポンペイ」(6月14日(土)東宝シネマズモレラ岐阜 スクリーン9 1100円)
10.「怒りの河」(5月5日(月)羽島市映画資料館 300円)
11.「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(3月1日(土)大垣コロナワールド スクリーン3 1000円)
12.「ウォーキング with ダイナソー」(1月1日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン2 1000円)

<ウィキペディアから>
 
ストーリー
ベネズエラの場末の街ラス・ピエドラス。そこは職が無く、食い詰めた移民達が日々何もすることもなく暮らしている。マリオ(イヴ・モンタン)もその一人であった。そこに、ホンジュラスからジョー(シャルル・ヴァネル)がやってきた。マリオとジョーは同じフランス人、意気投合しながら遊んでいた。
そんなある日、500Km先の油田で火事が起きた。石油会社は火を消し止めるためにニトログリセリンを500Km先の現場までトラックで運ぶことに決めた。安全装置のないトラックでニトロを運ぶのは命がけである。そこで街の食い詰め者に2000ドルの報酬で運ばせることにした。
選ばれたのは、マリオ、ジョー、ルイージ(フォルコ・ルリ)、ビンバ(ペーター・ファン・アイク)の4人。彼らは2台のトラックに分かれ、500Km先の目的地に向かう。
道中は洗濯板のような悪路、転回困難な狭路、落石などいろいろな障害が待ち受ける。マリオと組んだジョーは怖じ気づいてしまい、運転はマリオ任せにして、何かあるとすぐに逃げ出す。「何もしないで2000ドルか」となじるマリオに対して、ジョーは「この2000ドルは運転の報酬だけではない、恐怖に対する報酬でもあるのだ」と答える。
彼らは500キロ先の油田に無事たどり着けるか? その後の運命は?
posted by httr at 17:10| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月05日

映画イントゥ・ザ・ストーム良かった

2014/09/05(金) 雨のち曇り

 本日はコロナシネマデー
1100円で映画が観れました
仕事終えロックシティ大垣にある劇場で
イントゥ・ザ・ストーム
観ました

 私の指定席H10
(ちなみに
3度目の重大な落馬事故で現在懸命なリハビリ中後藤浩輝騎手はG10です) 
またまた私一人で観れるかと思っていたところ
カップルが入ってきて
残念でした
でも
とても贅沢な空間と時間を愉しめました

 史上最大の竜巻リアルで迫力ありました
日本もこの夏天候不順で
広島土砂災害はじめ
各地で例年にない惨状に見舞われています
異常が異常でなくなりつつあります
他人事ではないなあと感じながら観ていました
いい映画でした 

日本公開:2014年
上映時間:100分
料金:1100円
観客:3人

監督:スティーヴン・クォーレ
出演:リチャード・アーミティッジ  サラ・ウェイン・キャリーズ

<2014年に観た外国映画>

1.「黄昏」(7月27日(木)東宝シネマズ岐阜 スクリーン4 1000円)
1.「あなただけ今晩は」(5月25日(日)東宝シネマズ岐阜 スクリーン2 1000円)
1.「カサブランカ」(1月1日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン4 1000円)
4.「オズの魔法使い」(8月13日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン4 1000円)
5.「イントゥ・ザ・ストーム」(9月5日(金)垣コロナワールド スクリーン7 1100円)
5.「GODZILLAゴジラ」(8月13日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン8 0円)
7.「第三の男」(6月22日(日)東宝シネマズ岐阜 スクリーン4 1000円)
8.「ポンペイ」(6月14日(土)東宝シネマズモレラ岐阜 スクリーン9 1100円)
9.「怒りの河」(5月5日(月)羽島市映画資料館 300円)
10.「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(3月1日(土)大垣コロナワールド スクリーン3 1000円)
11.「ウォーキング with ダイナソー」(1月1日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン2 1000円)

<コロナシネマワールド大垣HPから>

地球史上最大規模の"超巨大"竜巻に襲われるシルバータウン。専門家たちが最悪の事態はまだこれからだと予測するなかで、気まぐれで恐ろしい巨大竜巻を前に、町の人々は為すすべもない。ほとんどの人々がシェルターに逃げ込むなか、あえて竜巻の渦に向かって突っ走る者もいる。生涯に一度の観測のためにどこまで耐えられるかを自らに課すストーム・チェイサー(竜巻を追って観測する研究者)たちだ。プロのストーム・チェイサーたち、スリルを求めるアマチュア・チェイサーたち、そして愛する者を救うため立ち上がる勇敢な街の人々――。崩れ去る日常。超常的な巨大竜巻の中、想像を絶する24時間を生き残る術はあるのか!?
posted by httr at 22:14| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

GODZILLAゴジラも観てきました

2014/08/13(水) 晴れのち曇り一時雨

 UNIQLOで
EMIとコラボ七分袖とバーゲン半袖シャツ買った後
パン屋さんでカレーパンと揚げパン買って
フードコーナーで食べた後
13:50から
この夏絶対観たいと思っていました
GODZILLAゴジラ
観ました
ポイント貯まりロハです
 
 気払いにはうってつけ
迫力とサウンドは素晴らしかったです
完全にアメリカ映画でしたね
ぼくが子どもの頃観たゴジラとはまったく別物
怪獣映画ではなく戦争映画になっていました
ぼくは
もう一度ゴジラ第一弾を劇場で観たくなりました

日本公開:2014年
上映時間:123分
料金:0円
観客:二十数人

監督:ギャレス・エドワーズ
出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、エリザベス・オルセン、ジュリエット・ビノシュ、サリー・ホーキンズ、デヴィッド・ストラザーン、ブライアン・クランストンジュディ・ガーランド

<2014年に観た外国映画>

1.「黄昏」(7月27日(木)東宝シネマズ岐阜 スクリーン4 1000円)
1.「あなただけ今晩は」(5月25日(日)東宝シネマズ岐阜 スクリーン2 1000円)
1.「カサブランカ」(1月1日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン4 1000円)
4.「オズの魔法使い」(8月13日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン4 1000円)
5.「GODZILLAゴジラ」(8月13日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン8 0円)
6.「第三の男」(6月22日(日)東宝シネマズ岐阜 スクリーン4 1000円)
7.「ポンペイ」(6月14日(土)東宝シネマズモレラ岐阜 スクリーン9 1100円)
8.「怒りの河」(5月5日(月)羽島市映画資料館 300円)
9.「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(3月1日(土)大垣コロナワールド スクリーン3 1000円)
10.「ウォーキング with ダイナソー」(1月1日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン2 1000円)

<Wikipediaから>

概要
『GODZILLA ゴジラ』(原題:Godzilla)は、日本の同名映画キャラクターに基づいた2014年のアメリカ合衆国のSF怪獣映画であり[5]、『ゴジラシリーズ』のリブートである[6][7]。アメリカ合衆国の資本でゴジラ映画が製作されるのは1998年公開の『GODZILLA』以来2作目。ワーナー・ブラザーズ映画 = レジェンダリー・ピクチャーズ提供、レジェンダリー・ピクチャーズ製作。
キャッチコピーは、「世界が終わる、ゴジラが目覚める。」[3]。2014年5月16日全米公開され、初日興行収入は3850万ドル(約39億円)に達し、世界オープニング興行収入1位の1億9,621万ドル(約196億円)。日本では同年7月25日公開。

ストーリー
1999年、フィリピンの炭鉱を調査していた芹沢とグレアムらはそこで巨大な生物の化石を発見する。その化石には繭のようなものが寄生しておりそこから「何か」が誕生して海へと這い出た痕跡があった。同年、日本の雀路羅(じゃんじら)市にある原子力発電所に勤務するブロディ夫妻は近づきつつある謎の振動と電磁波を探知する。振動によって炉心が異常をきたしたため妻・サンドラは原子炉の調査へと向かうが直後、振動による事故で原発は暴走。夫・ジョーは妻の救出に向かうが間に合わずサンドラは死亡、その直後ジャンジラ原発が倒壊する。
それから15年後の2014年、ジョーとサンドラの息子・フォードは軍での任務を終えてサンフランシスコで待つ家族のもとに帰ってくるが、日本に暮らすジョーが警察に逮捕されたという知らせを受け、急遽日本に向かう。ジョーは事故の真相を探るべく、放射能汚染により立入禁止区域となったジャンジラ原発跡地に侵入したため、逮捕されてしまったのだった。ジョーはフォードと共にかつての実家に残されたデータを回収するべく放射能汚染エリアに再侵入するが、そこでは野良犬が元気に走り回っており、ガイガーカウンターにも放射線反応はない。実家にたどり着きデータを回収するも、現地パトロールに見つかり、原発跡地内に建造された研究施設に連行される。
研究施設で2人は、巨大な繭を目にする。それは、かつて原発事故が起きた際に観測された謎の電磁波と同じものを放っており、そこから何かが孵ろうとしている。研究機関「モナーク」の管理下にある研究所は、目覚めようとしている生物を食い止めるべく抹殺指令を下すも時すでに遅く、繭から昆虫のような細い足を持った巨大生物が現れて研究所を破壊し、背中から羽を伸ばして飛び去ってしまう。その際にジョーは重傷を負い、死亡する。
「ムートー」と名付けられた巨大生物は東へと向かう。芹沢博士をはじめとする「モナーク」の研究者も米軍の管理下に収まり、フォードと行動を共にすることになったセリザワ博士はフォードにモナークの活動目的と巨大生物の秘密について語り始める。
現在から約2億7000万年前の古生代ペルム紀、現在より高濃度の放射能に覆われていた地球では多くの巨大生物たちが生態系の上部で激しい生存競争を繰り広げていたが、ペルム紀末の大量絶滅とそれに伴う放射能濃度の低下により、彼らは地底深くへと追いやられていった。しかし、第二次世界大戦を皮切りに世界各地で核開発・実験が相次ぐようになったために地表の放射能濃度が上昇。そんな中、1954年に米軍の原子力潜水艦ノーチラスがとある怪獣を発見した。その後、米軍は実験を名目として怪獣への核攻撃を実行したが、逆に怪獣を強化する結果になってしまい、怪獣は攻撃後に行方不明となった。モナークは長年それを調査しており、芹沢博士はそれを「ゴジラ(Gojira)」と呼んだ。フィリピンで発見された巨大な化石はゴジラの祖先にあたり、それに寄生していたものはムートーの祖先と考えられた。体内に原子炉を持つゴジラと、放射線をエネルギーとするムートーは闘いが宿命づけられた怪物だった。芹沢博士は、ムートーを排除するためゴジラも復活する、と推測した。
ジャンジラ市を去ったムートーはハワイに上陸。ロシア軍のアクラ級原子力潜水艦を襲い、核燃料を捕食しながらホノルルの市街地に進行し、軍隊と戦闘を繰り広げる。ムートーの電磁波攻撃によってハワイは停電になり、暗闇に包まれる。そこへムートーを追跡してきたゴジラが上陸し、両者はホノルル国際空港にて対決するも決着はつかず、ムートーは飛び去り、それを追うゴジラも海へ消える。
一方、アメリカ本土のネバダ州ユッカマウンテン放射性廃棄物処分場に保管されていたフィリピンの繭から、メスのムートーが羽化する。処分場から逃げ出したムートーは、ラスベガスの街を蹂躙する。芹沢博士は、2体のムートーは繁殖のために同じ場所を目指していると断定する。ゴジラの後を追う米海軍は、サンフランシスコ湾で3体の怪獣が衝突すると推測する。
海軍指揮官のステンツ提督は3体の怪獣を殲滅するべく核兵器の使用を許可するも、芹沢博士はそれに断固反対する。「市民を守るためには、仕方のないことだ」と語るステンツ提督に対し、芹沢博士は父の持ち物だったという壊れた懐中時計を見せる。その針は8時15分、すなわちヒロシマへの原爆投下の瞬間を指したまま止まっている。それを見て、ステンツ提督は逡巡の表情を浮かべるも、作戦は実行に移される。
軍は列車で2基の核弾頭をサンフランシスコ市街地へ輸送するが、その途上でメスのムートーの襲撃を受けて弾頭1基を飲み込まれてしまう。もう1基の弾頭は海上でオスのムートーに奪われ、メスが市街地に建設した巣に運ばれる。その巣の周辺はムートーの電磁波によってあらゆる電子機器や、車両のイグニッションさえもが封じられ、軍の重火器は無効化されてしまった。一方、津波と共にサンフランシスコ湾に浮上したゴジラは、迎撃する陸海軍や逃げ惑う一般人を横目にゴールデンゲートブリッジごと踏み潰して突っ切り、ムートーと闘うために市街地へ進行する。フォードと海軍のチームはムートーに奪われた残り1発の核弾頭を取り返すため、小火器のみを携えて市街地上空からHALOジャンプで巣の近くへ降下する。ゴジラは2体のムートーから激しい攻撃を受けるが、メスのムートーに放射熱線を浴びせて応戦する。フォードたちは巣の中で核弾頭を発見するが、起爆を解除できないことに気付き、船で弾頭を洋上へ持ち去り爆発させることにする。
ゴジラはムートーの連携攻撃に苦戦を強いられるが、フォードがガソリンを使って巣を爆破したことに気を取られた隙を突き、オスのムートーを倒す。その衝撃で高層ビルが倒壊しゴジラは瓦礫の下敷きになる。メスのムートーは爆破された巣へ戻るが、核弾頭が奪われたことに気付き、チームを追跡する。チームは弾頭とともに海岸まで辿り着くが、メスのムートーの電磁波攻撃で船のエンジンが破壊されてしまう。ムートーが船上の兵士たちを殺害して核弾頭を奪い返そうとした時、ゴジラが現れムートーを急襲する。ゴジラはムートーの口をこじ開け、喉の奥に放射熱線を直接浴びせて倒すが、深い傷を負ったゴジラもその場に崩れ落ちる。
フォードは自らを犠牲にして船で核弾頭を洋上まで運ぼうとするが、運良くヘリコプターに救助され、無事に家族と再会を果たす。その時、息絶えたかのように見えたゴジラが突然覚醒。その模様を映すテレビ画面には、「怪獣王(King of Monsters:魔物たちの王者)、私たちの街の救世主(Savior of our city:対句表現)、なのか?」の文字が。人々のどよめきと歓声を背に、ゴジラは海へと還ってゆく。
その後ろ姿を見送る芹沢博士の表情は、安堵感に満ちながらも、どこか寂しげであった。
posted by httr at 22:08| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オズの魔法使い いい映画でした

2014/08/13(水) 晴れのち曇り一時雨

 TOHOシネマズ岐阜で
新・午前十時の映画祭
オズの魔法使い
観てきました

 こういう物語だったんですね
オーバー ザ レインボー
本当にいい歌です
子どもの心 脳みそ 心 勇気
誰でも備えているはずですが
発揮しないままです
アメリカの良心
いい映画でしたね!

制作:1939年
日本公開:1954年
上映時間:101分
料金:1000円
観客:十数人

監督:ヴィクター・フレミング
脚本:ノエル・ラングレー フローレンス・ライアン エドガー・アラン・ウルフ
製作:マーヴィン・ルロイ
音楽:ハーバート・ストサート
撮影:ハロルド・ロッソン

主演:ジュディ・ガーランド

<2014年に観た外国映画>

1.「黄昏」(7月27日(木)東宝シネマズ岐阜 スクリーン4 1000円)
1.「あなただけ今晩は」(5月25日(日)東宝シネマズ岐阜 スクリーン2 1000円)
1.「カサブランカ」(1月1日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン4 1000円)
4.「オズの魔法使い」(8月13日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン4 1000円)
5.「第三の男」(6月22日(日)東宝シネマズ岐阜 スクリーン4 1000円)
6.「ポンペイ」(6月14日(土)東宝シネマズモレラ岐阜 スクリーン9 1100円)
7.「怒りの河」(5月5日(月)羽島市映画資料館 300円)
8.「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(3月1日(土)大垣コロナワールド スクリーン3 1000円)
9.「ウォーキング with ダイナソー」(1月1日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン2 1000円)

<Wikipediaから>

概要
ディズニーの『白雪姫』の大ヒットに触発され、1939年にメトロ・ゴールドウィン・メイヤー社が製作したファンタジー・ミュージカル。カンザスの物語をモノクロで描き、オズの国の物語をテクニカラーで描く演出が話題を呼んだ。エドガー・イップ・ハーバーグ(作詞)とハロルド・アーレン(作曲)による挿入歌『虹の彼方に』がスタンダードナンバーとなるなど、現在も色あせない輝きを放っている。ヴィクター・フレミング監督。
主役は本命のシャーリー・テンプルが映画会社間の調整がつかずに見送られ、MGMの若手スターのジュディ・ガーランドが起用された。ガーランドは実年齢より下の少女を、得意の歌唱力を武器に魅力的に演じきった。ブリキ男役だったバディ・イブセンがアルミのメイクの為に体調を崩して降板したのをはじめ、監督の交代が度重なるなど、製作は困難をきわめた。撮影の長引きで製作費は膨れ上がり、最終的に277万ドルに及んだ。
その割に興行成績は芳しくなかったが、これは大人料金の半額で観られる子供が観客層であったためであり、その後の再上映やテレビ放映を通じて、ファミリー映画の定番として大いにもてはやされることになった。

あらすじ
エムおばさん、ヘンリーおじさんとともにカンザスの農場に住む少女ドロシー・ゲイルは「虹の彼方のどこかに(Somewhere Over The Rainbow)」よりよい場所があると夢見ている。彼女はトルネード[3]に襲われて気を失った後、愛犬のトトや自分の家とともに魔法の国オズへ運ばれてしまう。
そこで出会った北の良い魔女グリンダは「黄色のレンガ道をたどってエメラルド・シティに行き、オズの魔法使いに会えば、カンザスへ戻してくれるだろう」とドロシーに助言してくれた。旅の途中で彼女は知恵がない案山子、心を持たないブリキ男、臆病なライオンと出会い、彼らと旅をともにする。
posted by httr at 21:49| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

TOHOシネマズ岐阜 新午前十時の映画祭 「黄昏」

2014/07/27(日) 晴れ

 TOHOシネマズ岐阜で
新午前十時の映画祭
「黄昏」観てきました

 およそ三十年前二十代だったぼくには分からなかった
ぼくが観てきた外国映画でも超上位です
アメリカというより全人類に共通する良心が描かれています
「人生は止まらない 乗り遅れないように」
「人生は思い通りにいかない 老いも若きも関係なく生きることはむずかしい」 
この映画で
何回目かのオスカーを受賞したキャサリン・ヘプバーンの台詞 
印象深いです 

 ぼくも
いつか自分のGolden Pondを見つけたいなあ

制作:1981年
上映時間:110分
料金:1000円
観客:20数人

監督:マーク・ライデル
製作:ブルース・ギルバード
製作総指揮:マーティン・スターガー
原作:アーネスト・トンプソン
脚本:アーネスト・トンプソン
撮影:ビリー・ウィリアムズ
音楽:デイヴ・グルーシン

[キャスト]キャサリン・ヘプバーン ヘンリー・フォンダ ジェーン・フォンダ

<2014年に観た外国映画>

1.「黄昏」(7月27日(木)東宝シネマズ岐阜 スクリーン4 1000円)
1.「あなただけ今晩は」(5月25日(日)東宝シネマズ岐阜 スクリーン2 1000円)
1.「カサブランカ」(1月1日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン4 1000円)
4.「第三の男」(6月22日(日)東宝シネマズ岐阜 スクリーン4 1000円)
5.「ポンペイ」(6月14日(土)東宝シネマズモレラ岐阜 スクリーン9 1100円)
6.「怒りの河」(5月5日(月)羽島市映画資料館 300円)
7.「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(3月1日(土)大垣コロナワールド スクリーン3 1000円)
8.「ウォーキング with ダイナソー」(1月1日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン2 1000円)

<Wikipediaから>

概要
原作は1978年2月にブロードウェイで舞台化されたアーネスト・トンプソンの同名の戯曲(原題:On Golden Pond)である。父と娘の確執を取り扱った作品であるが、それは実生活におけるヘンリー・フォンダとジェーン・フォンダの不和を思い起こさせるものだった(詳細はそれぞれの記事を参照)。ジェーンが父親のために戯曲の映画化権を取得したとされる。
ジェーン・フォンダは父親の相手役として大女優のキャサリン・ヘプバーンを推薦した。数十年の芸歴がありながらも、一度も同じ映画に出演したことのなかったフォンダとヘプバーンの大物俳優二人の共演が、本作品で初めて実現することになった。
公開後本作品は批評家たちから絶賛され、興行的にも予想外の大成功を収める。1981年度の第54回アカデミー賞では作品賞を含む10部門の候補となり、そのうち主演男優賞、主演女優賞、脚色賞の3部門で受賞した。キャサリン・ヘプバーンが自身の記録を塗り替え史上最多となる4度目の主演女優賞、ヘンリー・フォンダが史上最高齢の76歳での主演男優賞と記録尽くめの受賞になった。2009年現在もこの二つの記録は破られていない。
本作品で念願の主演男優賞を獲得したものの、ヘンリー・フォンダは授賞式を健康問題で欠席。娘のジェーンが代わりに出席して賞を受け取った。フォンダは式の数ヶ月後の1982年8月12日に子供たちに見守られながら心臓病で死去、彼にとって本作品が最後の映画出演となった。

ストーリー
美しい湖畔の別荘で過ごす、人生の黄昏を迎えた老夫婦。妻のエセルは未だ矍鑠としているが、夫のノーマンは体調が優れず、そのためかますます気難しくなっていた。
ノーマンの80歳の誕生日に、長年会っていなかった娘のチェルシーが婚約者とその連れ子ビリーを伴って別荘を訪ねてくる。しかし、ノーマンは娘とその婚約者に冷淡な態度をとってしまう。そんな父親に対し、チェルシーは苛立ちを隠せない。チェルシーと婚約者はビリーをヨーロッパ旅行の間だけという約束で、彼を老夫婦の下に預けていく。
最初は老夫婦や平穏な湖畔の生活になじめなかったビリーだが、鱒釣りの楽しさを知り頑固なノーマンとも次第に打ち解けていく。ビリーの未熟な操船でボートが座礁するといったトラブルは有ったものの、二人は協力して湖の主を釣り上げることに成功する。
海外旅行から戻ってきたチェルシーは、ノーマンとビリーが実の親子のように仲良くしているのを見て驚く。エセルに諭されてこれまでのわだかまりを清算しようとするチェルシーを見て、ノーマンも頑なな心を開く。ビリーが後方宙返りでの飛び込みを習得したと聞いて、チェルシーも果敢に挑戦する。怯えながらも、少女時代に出来なかった宙返りを無事成功させたチェルシー。ノーマンとエセル、ビリーは彼女に向かって惜しみない拍手を送る。
別荘から立ち去るビリーとチェルシーに対し、ノーマンは愛用の釣竿と大学時代に獲得した水泳の銀メダルを進呈する。確執を乗り越えたノーマンとチェルシーは、別れ際に親密な抱擁を交わすのだった。

posted by httr at 20:35| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

新午前十時の映画祭 で「第三の男」

2014/06/22(日) 雨のち曇り

 TOHOシネマズ岐阜で
新午前十時の映画祭
「第三の男」観てきました
三十数年以上前に
早稲田松竹で観たような観なかったような、、、
こんな深刻でむずかしい映画だったっけ
チターの音楽でもっと軽快だったような気が、、、
地下下水道シーンはやっぱスリルあったね
占領地ウイーンの雰囲気
モノクロで見事に描かれていたね

制作:1949年
上映時間:105分
料金:1000円
観客:20数人

[監督]  キャロル・リード
[キャスト]ジョセフ・コットン、オーソン・ウェルズ、アリダ・ヴァリ

<2014年に観た外国映画>

1.「あなただけ今晩は」(5月25日(日)東宝シネマズ岐阜 スクリーン2 1000円)
1.「カサブランカ」(1月1日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン4 1000円)
3.「第三の男」(6月22日(日)東宝シネマズ岐阜 スクリーン4 1000円)
4.「ポンペイ」(6月14日(土)東宝シネマズモレラ岐阜 スクリーン9 1100円)
5.「怒りの河」(5月5日(月)羽島市映画資料館 300円)
6.「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(3月1日(土)大垣コロナワールド スクリーン3 1000円)
7.「ウォーキング with ダイナソー」(1月1日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン2 1000円)

<Yahoo!映画から>

第二次大戦後のウィーン。親友のハリー・ライムの招きでこの街を訪れた作家のマーチンは、到着早々、ハリーが死亡したことを知らされる。ハリーの死には三人の男が立ち会っていたと言うのだが、その三番目の男の正体を追って、マーチンは独自の調査を開始する。陰影や構図を凝らしたサスペンス・スリラー。
posted by httr at 17:37| 岐阜 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

映画「ポンペイ」観てきました

2014/06/14(土) 晴れ

 やっと一週間終えることできました
今日は
東宝シネマズデーで1100円で観ることできますので
TOHOシネマズモレラ岐阜で
「ポンペイ」観てきました
昔文庫で読んだことあるストーリーとは異なっていました
決闘 火山爆発 津波 大火砕流 
迫力ある映像でしたね 
本当に怖い自然災害ですが 
私としてはハッピーエンドであって欲しかった 
もっと夢を抱かせるストーリー 演出でも良かったのでは 
と個人的には思いました

日本公開:2014年
上映時間:105分
料金:1100円
観客:十数人

[監督]  ポール・W・S・アンダーソン
[キャスト]キット・ハリントン、エミリー・ブラウニング

<2014年に観た外国映画>

1.「あなただけ今晩は」(5月25日(日)東宝シネマズ岐阜 スクリーン2 1000円)
1.「カサブランカ」(1月1日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン4 1000円)
3.「ポンペイ」(6月14日(土)東宝シネマズモレラ岐阜 スクリーン9 1100円)
4.「怒りの河」(5月5日(月)羽島市映画資料館 300円)
5.「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(3月1日(土)大垣コロナワールド スクリーン3 1000円)
6.「ウォーキング with ダイナソー」(1月1日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン2 1000円)

<東宝シネマズHPから>

ローマ人に親を殺され奴隷となり、天性の戦う才能から、無敗の奴隷戦士となった青年マイロ。ある日旅の途中の裕福な商人の娘カッシアを助け瞬時にふたりは恋に落ちる。しかし彼女は上院議員と婚約させられていた。 時はベスビオ山噴火前夜。はたしてミロは溶岩が街を覆い尽くす前に愛する人を救うことができるのか─?
posted by httr at 21:20| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

ビリー・ワイルダー「あなただけ今晩は」良かった!

2014/05/25(日) 曇り

 カラフルタウン岐阜
TOHOシネマズ
新・午前十時の映画祭
今日は
私の好きな監督ビリー・ワイルダー
「あなただけ今晩は」
観てきました
おそらく初めてです

 面白かった!
良かった!
いつもなら居眠りしてしまうのですが
寝不足が続いているにもかかわらず
最後まで集中して観ました
旧き佳き時代のハリウッド映画
ハッピーエンドなのが何よりです
口ひげオーナー役のルー・ジャコビ
最高でした
昔はこういう名脇役が必ずいましたね
イルマ役もともと
監督はモンローで撮りたかったとか
この点だけが残念ですね
それでも
「情婦」と双璧の名画です

日本公開:1963年
上映時間:147分
料金:1000円
観客:17人

[製作] ビリー・ワイルダー/アレクサンドル・トローナー/ドゥエイン・ハリソン/I・A・L・ダイアモンド/エドワード・L・アルパーソン
[監督] ビリー・ワイルダー
[原作] アレクサンドル・ブレフォート
[脚本] ビリー・ワイルダー/I・A・L・ダイアモンド
[撮影] ジョゼフ・ラシェル
[音楽] アンドレ・プレヴィン/マルグリット・モノ
[ジャンル] コメディ
[受賞]
アカデミー賞 編曲賞
ゴールデン・グローブ賞 主演女優賞(シャーリー・マクレーン)

[キャスト]
シャーリー・マクレーン (イルマ)
ジャック・レモン (ネスター/X卿)
ルー・ジャコビ (口ひげオーナー)
ジェームズ・カーン (ラジオの兵士)
ホープ・ホリデイ (ロリータ)
ブルース・ヤーネル (ヒポライト)
ハーシェル・ベルナルディ (ルフェヴル)
ジョーン・ショーリー (アマゾン・アニー)
グレイス・リー・ホィットニー (キキ)
ルイ・ジュールダン (ナレーター(声)


<2014年に観た外国映画>

1.「あなただけ今晩は」(5月25日(日)東宝シネマズ岐阜 スクリーン2 1000円)
1.「カサブランカ」(1月1日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン4 1000円)
3.「怒りの河」(5月5日(月)羽島市映画資料館 300円)
4.「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(3月1日(土)大垣コロナワールド スクリーン3 1000円)
5.「ウォーキング with ダイナソー」(1月1日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン2 1000円)

<allcinemaから>

「アパートの鍵貸します」のスタッフとキャストが再び揃って制作された、ヒット・ミュージカルを基にしたラブ・コメディ。世間知らずの警官がパリの娼婦街に配属され、生真面目さも手伝って早々にガサ入れを行ってしまう。しかし運悪く彼の上司も客の一人だったため、いきなりクビに! 途方にくれているところに娼婦の一人“かわいいイルマ”に出くわし彼は彼女のやさしさに心奪われイルマのヒモになる。しかし彼女の仕事がイヤでたまらない彼はそこで一つの作戦を考え出すのだった……。どんなジャンルでもこなしてしまうワイルダー監督お得意のロマンチック・コメディ映画だけあってとても素敵な仕上がりの1本。特にS・マクレーンのすっとぼけた個性と可愛らしさが全編に満ち溢れ、誰でも彼女に恋してしまいそうなほど、役者の持ち味を十分に生かしている。娼婦街がオール・セットというのも圧巻! 尚、本作はアカデミー賞編曲賞を受賞している。
posted by httr at 15:59| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

ジェームス スチュワート主演 怒りの河 観ました

2014/05/05(月)こどもの日 雨

 羽島市映画資料館で
ジェームス スチュワート主演
怒りの河
観ました
DVDでしたが
馬好きには西部劇はこたえられませんね
面白かった

 腐った林檎にも2種類あり

日本公開:1957年
上映時間:91分
料金:300円
観客:約10人

監督:
アンソニー・マン
製作:
アーロン・ローゼンバーグ
原作:
ビル・ガリック
脚本:
ボーデン・チェイス
撮影:
アーヴィング・グラスバーグ
音楽:
ハンス・J・サルター
出演:
ジェームズ・スチュワート
アーサー・ケネディ
ジュリア・アダムス
ロック・ハドソン
ロリ・ネルソン
ジェイ・C・フリッペン
ハリー・モーガン
ローヤル・ダーノ

<2014年に観た外国映画>
1.「カサブランカ」(1月1日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン4 1000円)
2.「怒りの河」(5月5日(月)羽島市映画資料館 300円)
3.「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(3月1日(土)大垣コロナワールド スクリーン3 1000円)
4.「ウォーキング with ダイナソー」(1月1日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン2 1000円)

<aiicinemaから>

 新天地を求めて、農民を乗せた幌馬車隊が開拓地へ向かった。一行の道案内と護衛を引き受けたグリン(J・スチュワート)は、途中、私刑で縛り首になりかけている男を救ける。二人は力を合わせて、行軍中に降りかかる災難をかわしていった……。
posted by httr at 17:23| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

アメリカ映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」観た

2014/03/01(土) 曇りのち雨

 映画の日
オスカー候補という
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」
大垣コロナワールドで観た
偽悪的というか悪趣味というか
何とも後味の悪い映画というのが第一印象
よくよく考えてみると
現実のアメリカに警鐘を鳴らす
ある意味プロパガンダ的映画だね
題材が面白いだけに
脚本もっと良ければ、、、、、
おそらくオスカーは無理だろう

この監督作品
学生時代に
デ ニーロ「タクシードライバー」
観たっけ
これもよく分からなかったなあ

監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マシュー・マコノヒー、マーゴット・ロビー、ジャン・デュジャルダン、ロブ・ライナー

日本公開:2014年
上映時間:179分
料金:1000円
観客:約10人

<2014年に観た外国映画>
1.「カサブランカ」(1月1日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン4 1000円)
2.「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(3月1日(土)大垣コロナワールド スクリーン3 1000円)
3.「ウォーキング with ダイナソー」(1月1日(水)東宝シネマズ岐阜 スクリーン2 1000円)

<東宝シネマズHPから>

貯金ゼロから26歳で年収49億円へ!栄光と豪遊の10年間の果てに逮捕された男が見た、人生の天と地とは──?22歳でウォール街の投資銀行へ飛び込んだジョーダン・ベルフォート。学歴もコネも経験も無かったが、誰も思いつかない斬新なアイデアと、一瞬にして人の心を掴む話術で瞬く間に成り上がっていく。26歳で証券会社を設立、年収49億円を稼ぎ出し、常識を超えた金遣いで世間を驚かせた。すべてを手に入れ、“ウォール街のウルフ”と呼ばれた男にはしかし、ダイナミックな成功以上にセンセーショナルな破滅が待っていた――。※R18+
posted by httr at 23:08| 岐阜 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。