2016年03月23日

メ〜テレで橋下 羽鳥同級生コンビが早稲田を歩く番組

2016/03/23(水) 晴れ

 メ〜テレで
橋下 羽鳥同級生コンビが早稲田を歩く番組やっています
吉永小百合も通っていたというメルシー
懐かしかっです
先輩に連れて行ってもらいました

 第一文学部は別の処にありましたので
本学の方はあまりいかなかったのですが
キャンパスに立て看まったくない
ウッソやろ〜!
信じられんわ!!
ワセダじゃな〜い!!!
反骨 在野の精神どうした?
大学生が組織に飼いならされてる
これじゃあ個人一人ひとりが考える政治意識が育つわけないよなあ〜
こんなところにも
今のやりたい放題の国民 庶民を無視した
一方的な政権ができてしまう要因が、、、
心底ガッカリしました

 政治経済学部なんて
近代的建物に建て替えられて
おしゃれキャンパス
やっぱワセダじゃな〜い!

 ボクは40年近く前
この二人は20数年前
世代が違うけれども
やっぱ懐かしかったです

 卒業以来一度も訪れていません
いつか訪れて
浅井慎平 早稲田界隈
ボクなりに撮ってみたいなあ、、、


posted by httr at 21:34| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ワセダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

ラグビー大学選手権決勝、ワセダ帝京に勝てず

2014/01/13(月) 晴れ

 ラグビー大学選手権、
ワセダまたまた帝京に勝てなかった!

<nikkansports.comから>

<ラグビー:大学選手権:帝京大41−34早大>◇決勝◇12日◇国立
 あと1歩まで王者を追い詰めての敗戦だけに、早大・後藤禎和監督(46)は「非常に残念です」と悔しがった。
 後半16分までに10−34と大量リードを許したが、その後3連続トライで5点差まで肉薄。最後まであきらめない粘りを見せたが、わずかに届かなかった。
 日本代表のFB藤田慶和(2年)は徹底マークにあって不発に終わったが、BK陣が奮闘。WTB荻野岳志(3年)が3トライ、CTB坪郷勇輝(4年)が2トライと全5トライをBKがあげた。
 もっとも、壮絶な点の奪い合いで「ロースコアで競り合う」(後藤監督)というゲームプラン通りにならず。荻野が「トライをとることより、トライを奪われないことが大切だった」と振り返れば、坪郷も「(CTB)中村は止めたけど、(SO)松田に走られてしまった」と、悔しそうに話していた。
posted by httr at 08:42| 岐阜 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワセダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

ワセダ箱根駅伝4位に終わる

2014/01/03(金) 晴れ 

 箱根駅伝、
ワセダ4位に終わる。
往路優勝の東洋大が、
独走で復路も制し完全優勝。
2年ぶり4度目の総合優勝だ。

<スポニチアネックスから>
 ◇第90回箱根駅伝(2014年1月3日)

 第90回箱根駅伝は3日、前日2日の往路に続いて復路(神奈川・箱根町〜東京・大手町、108・9キロ)の5区間で行われ、往路優勝の東洋大が独走で復路も制し、完全優勝。2年ぶり4度目の総合優勝を勝ち取った。

 タイムは10時間52分51秒。歴代2位の好タイムで、2位駒沢に4分以上の差をつけての圧巻の勝利だった。東洋大の復路のタイムは5時間25分38秒で、復路新記録となった。

 東洋大は6区の山下りで日下(4年)が、2位駒大にスタート時より18秒差をつけると、7区服部弾(1年)、8区高久(3年)が区間賞で勝利を引き寄せ、駒大の追い上げも届かず、9区上村(2年)、10区大津(4年)で逃げ切った。

 酒井監督は「2位は敗北と同じ。箱根だけは譲れない」と言い続けて箱根駅伝に臨み、選手は「その1秒をけずり出せ」をスローガンに、学生駅伝5大会連続2位の悔しさをぶつけ、出雲、全日本で敗れた駒大に雪辱した。

 2位の駒大はじりじり差をつけられ、9区で主将の窪田が28秒差を詰めたが、東洋大を脅かすことができずに、これまでの大学記録を上回る10時間57分25秒を出しながらも目標だった学生駅伝3冠はならなかった。

 3位には9区で早大を逆転した前回優勝の日体大が入り、3年ぶりの優勝を目指した早大は4位に終わった。

 青山学院大は10区で明大を抜いて、88回大会と並ぶ大学史上最高の5位。明大は6位だった。
posted by httr at 21:01| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワセダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

箱根駅伝ワセダ往路3位

2014/01/02(木) 曇りのち晴れ

 今日は日本映画観ようと思ってたんだけど、
箱根駅伝見てたら、
その気をなくしてしまった。
早稲田、
往路は3位だった。
posted by httr at 21:45| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワセダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

箱根駅伝ワセダ5位がやっと

2013/01/03(水) 晴れ、昼前から雪降ったり止んだり

 箱根駅伝、
日体大お見事!
復路は一度も首位を渡すことなく、
前回19位から30年ぶり10度目の総合優勝を果たした。
まさに下克上、
来年もどこが優勝するか分からないなあ。
面白くなってきた。

 ワセダは逆転あるかもと、
応援したけど往路2位から順位下げ5位だった。
ゴール前の帝京との駆け引き、
みっともなかったなかった!
野球もラグビーもなにもかも、
大学時代が伝統にアグラをかいてる。
大隈重信侯の「東京専門学校」の開学精神はどこへ行った?

<nikkansports.comから>

 <第89回箱根駅伝>◇3日◇復路◇箱根−東京(5区間109・9キロ)

 前回19位の日体大が30年ぶり10度目の総合優勝を果たした。山下りの6区から終始安定した走りで、1度もトップを譲ることなく逃げ切った。

 残り100メートル。ゴールが見えるとアンカーの谷永雄一(4年=出水中央)が右手を挙げた。ユニホームの「日本体育大学」のロゴを誇らしげにたたいた。ガッツポーズでゴールテープを切ると号泣しながら仲間のもとに飛び込んだ。その後、別府健至監督(46)を3度胴上げして喜びを爆発させた。

 4分54秒差で2位東洋大。3位には駒大が入った。以下4位帝京大、5位早大、6位順大、7位明大、8位青学大、9位法大、10位中央学院大。ここまでがシード権を獲得。

 以下、11位山梨学院大、12位大東大、13位学連選抜、14位国学院大、15位日大、16位神奈川大、17位東農大、18位上武大、棄権=中大、城西大。

---------------------------------------------------------

<スポーツアネックスから>

 早大は往路2位からの逆転を目指したが、6区の相原はスタート直後に東洋大・市川に抜かれ、20キロ過ぎには明大にもリードを許して4位に後退。6〜9区の4選手はいずれも2ケタの区間順位で再浮上できず、アンカーの田口はゴール直前の帝京大との競り合いに敗れ、総合5位に終わった。

 2年ぶりの王座奪回を逃した渡辺監督はレース後、「今のチームには危機感が足りない。チーム全体に驕り、慢心がある」と涙声で選手たちに厳しい言葉を投げかけた。前年の19位から30年ぶり総合優勝へと躍進した日体大を引き合いに出し、「19位のチームが優勝できるなら、5番のチームも来年勝てる可能性がある」と早くも来年を見据えた。
posted by httr at 18:01| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ワセダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

箱根駅伝復路、現在4位ワセダ頑張れ!

2013/01/03(水) 晴れ

 箱根駅伝往路、ワセダは2位。1区の出遅れが響いたネ。
今7区で4位と順位落としてる。
今日は大逆転信じテレビ前で応援しよう。

ラグビーの方は全然ダメだったなあ。

<nikkansports.comから>

<第89回箱根駅伝>◇2日◇往路◇東京−箱根(5区間108キロ)

 65年連続65回目出場の日体大が、最終5区の山登りで東洋大を逆転し、26年ぶり10度目の往路優勝を果たした。

 3区までにトップの東洋大に2分47秒差をつけられたが、4区の木村勇貴(2年=西京)が健闘して58秒詰め、1分49秒差の2位で山登りの5区服部翔大(3年=埼玉栄)へタスキリレー。服部は徐々に先頭を走る東洋大・定方俊樹(3年=川棚)との差を詰め、14・4キロの小涌園前のカーブを曲がりきったところで併走していた早大・山本修平(2年=時習館)とともについにとらえた。そして東洋大を引き離した後の16・8キロ地点で一気にスパート。デッドヒートを繰り広げていた早大・山本を振り切り単独トップに立ち、最後は2位早大に2分35秒の差をつける区間賞の走りでゴールした。

 日体大は前回大会は往路11位、復路19位で総合19位と沈んだが、予選会を首位で通過し、その後の全日本大学駅伝でも4位に入るなど上り調子で今大会を迎えていた。別府健至監督は「優勝の味を忘れていた。本気で1年戦った結果でうれしい。復路は往路と同じように積極的かつ慎重にレースを進めたい」と話した。

----------------------- 

 早大が惜しくも往路優勝を逃した。この日、1区と3区の選手を変更。1区に前回9区2位の前田悠貴(4年)と、3区にエースの大迫傑(3年)を投入。渡辺康幸監督が大会前に宣言していたように、一気に往路勝負に出た。

 前田はまさかの17位と出遅れたが、大迫が10人抜きで3位まで挽回。4区を終わってトップの東洋大に2分7秒差まで迫った。5区は、前回の区間3位の山本修平(2年)。2位の日体大の服部とともに、東洋大の定方を14キロ過ぎで抜き、一時は日体大もかわしてトップに立った。しかし、右足にけいれんが起こり「足が動かなくなった」。苦手の強風にもあおられ、最後は日体大に突き放された。渡辺監督は「あそこまで行ったら勝たなきゃダメ」と、悔しさをあらわにした。

---------------------------

<ラグビー・全国大学選手権:帝京大38−10早大>◇準決勝◇2日◇国立

 大差で敗れた早大の後藤禎和監督(45)は「大変残念。地力負けです」と、完敗を認めて話した。

 後半20分までリードしながら27−37で敗れた対抗戦の雪辱を期したが、この日は風上の前半で10−7とわずか3点しかリードできず。後半2分に逆転トライを奪われた後は、防戦一方になった。「風上の前半でもっと得点を重ねないと。後半は(リードされて)無理せざるをえなかったが、ミスがあったのも事実。反省して、来年に向かいたい」と、巻き返しを誓っていた。


posted by httr at 09:54| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ワセダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

ワセダ、地に落ちた!

2012/09/11(火) 曇り

 CBCラジオによると、
隣県愛知で未明に落雷・豪雨がスゴかったらしい。
ボクは5:30まで熟睡していたから気づかなかったのか、
羽島は今朝道路も濡れてなかったから、
そんなことはなかったと思う。

 ワセダも地に落ちた!
いや最初からそんな校風があったと思う。
そんな中でも一部秀逸な人材が育っただけの学校だ。
現役ラガーマン、
一から教育し直さないとダメだね。

<J-CASTニュースから>

 早稲田大学ラグビー部の選手が、大学ラグビー・オープン戦で対戦相手の帝京大学選手を「5流大学!」などと罵倒していたことが分かった。早大OBらでつくる「ワセダクラブ」のサイト上で明らかにされたもので、ネット上で波紋を呼んでいる。

  「最低だ」
  「君たちは幼稚園児か!」

 早大OBのフリーライター木村俊太さんは2012年9月4日、ワセダクラブ・サイトのコラムでこう嘆いた。

■帝京大に0対43で大敗し…

 批判の対象になったのは、早大が帝京大と対戦した8月26日の試合だ。この日は、9月9日からの関東大学ラグビー開幕を前に、長野県の菅平高原でオープン戦が行われていた。

 コラムによると、早大選手は「5流大学!」と帝京大側にヤジを飛ばしたほか、真っ黒に日焼けした帝京大選手に「クロンボ!」と叫んだ。また、帝京のキャプテンが試合後、早大ベンチにあいさつに行くと、早大のコーチは「あいさつなどいらない」と追い払ったという。

 木村さんは、帝京関係者から「早稲田ってそういうチームなんですね」と言われたとし、早大は誇りも品格もないと怒りを露わにしている。試合は、0対43で帝京に大敗していた。ちなみに、帝京は、昨シーズンまで大学選手権を3連覇している。

 今回のことについては、木村さんは自らのブログでも試合当日に指摘しており、反響を呼んでいる。ネット上では、「紳士のスポーツ(笑)」「ノーサイドの精神は、どこに行ったんだ?」「ラグビーやる資格ない」などと辛辣な声も出ているようだ。早大はブランド力で選手を集めただけなのにその地位にあぐらをかいているといった批判や、2019年に日本で開催されるラグビーW杯を背負うはずの選手がこれでは人気凋落に拍車がかかるとの指摘もあった。

 コラムの内容は、どこまで事実なのだろうか。

■本人は、試合後に冷静になって、帝京の監督に謝罪

 早大ラグビー部の後藤禎和監督は、取材に対し、選手から「5流大学!」との発言があった事実を認めた。

  「試合中に相手と交錯プレーがあり、うちの選手が激高して『5流大学!』と発言しました。それが誰かは、私の口から言うのは控えます。本人は、試合後に冷静になって、帝京の監督に謝罪に行き、それで納得していただきました」

 後藤監督自身は同行しておらず、事後に報告を受けたという。

 「クロンボ!」発言については、フィールド外で試合を見ていた部員のだれかが声を出したものだという。帝京大ラグビー部には、留学生の選手もいるが、この試合には出場していなかったため、留学生への発言ではなかったとした。

  「日焼けしていたので、そう言ったのかもしれません。罵倒ではなかったと思いますが、どういうニュアンスで言ったのかは定かではありません」

 ただ、コーチが帝京キャプテンを追い払ったとコラムが指摘したことについては、「事実と違うと思います。コーチの態度は丁寧でしたから」と説明している。

 監督自らが、帝京側へ謝罪などのアクションを取ることは考えていないという。ただ、今後は選手に対し、厳しく指導するとした。

  「試合中の発言のような価値観がまん延しており、組織としての問題と認識しています。そんな価値観は間違いだと選手らに周知し、私生活を律するよう指示を出しました」

 実は、後藤監督は、NPO法人としてスポ―ツの普及活動をしているワセダクラブの理事で事務局長をしており、木村俊太さんのコラムについては事前にチェックしていたという。コラムを掲載したことについて、「事実関係が正確ではないと思いましたが、内容を変えるのはフェアではないと考え、そのまま載せることにしました」と言っている。
posted by httr at 07:19| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ワセダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

早稲田の受験生減り続けてる・・・・・

2012/06/22(金) 曇り

 早稲田の受験生減り続けてるというニュース。
将来に対し不安から現実志向、地元志向になる若い人、
賢いんだなと思う反面、
面白くない世の中になったもんだな、
という気もしてる。

 ボクは訳も分からず教師や同級生に影響を受け、
まったく将来のこと考えずに、
浪人してまで第一希望の早稲田大学第一文学部に入った。
文学なんて世の中に対し何の役にもたたないもんだ。
わざわざ道楽を大学に行ってまで学ばなくてもよかったかな、
もっと別の道を選択するべきだったかなという
ほろ苦い気持ちがないことはないけど、
当時はそれはそれで愉しかったネ。

 現代の受験生が五十代になって後悔しないことを願うのみ。
そして今でも、
昔のボクらみたいなワセダ馬鹿が少しでもいてくれればウレシイんだけどなあ。

<週刊朝日 2012年6月29日号から>
 多くの高校生にとって、将来を左右する一大イベントとなる大学入試。大学全入時代を迎えた今、受験生は何を考え、何を基準に大学を選んでいるのだろう。

 近年の入試トレンドと、来春入試の展望を予備校御三家の、代々木ゼミナール入試情報センター統括本部長・坂口幸世、駿台予備学校情報センター長・石原賢一、河合塾教育情報部長・近藤治の各氏に聞いた。3氏の分析から浮かび上がった、近年の大学受験を読み解くキーワードは理系学部の人気が高く、文系学部の人気が低い「理高文低」と、もう一つは「地元志向」だった。

 その「地元志向」のあおりを受けている代表校が、全国から学生を集める早稲田大だ。早大の一般入試の志願者数の推移をみると、志願者数は過去5年間で約1万人弱減少しており、その内訳をみると、減った分の大半が関東以外のエリアからの志願者だ(代ゼミ調べ)。「受験生が慎重になり、早稲田を記念受験する層も減っている」(近藤氏)という事情も相まって、減少に歯止めがかからない。

 受験生が地元志向化する背景について、3氏はそれぞれこう分析する。

「遠くの大学に行くお金がないというより、その先の就職を考えたとき、コストをかけた分を回収できるか、パフォーマンスが見合うかを考えた結果ではないか」(坂口氏)

「地方から首都圏の大学に出てくるのは次男、三男、長女、次女が主流だったが、少子化でその流れが止まった」(石原氏)

「一人っ子は親のそばにいたいという気持ちも強い。本当は首都圏の大学に行きたいと思っている受験生も、親に気を使って地元に進学する子が多い」(近藤氏)

posted by httr at 07:20| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ワセダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

早稲田が亜細亜に勝ち勝全日本野球選手権で優勝!

2012/06/19(火) 大雨

 全日本野球選手権でワセダがアジアに勝ち優勝。
4度目だそうだけど、
ボクらが学生時代は六大学で優勝するのがやっと、
実力的には東都の方が上回っており、
全日本で優勝することはなかったと思う。
強くなったんだんだネ。
ピッチャー吉永は現在ファイターズの齋藤佑樹と同様、
1年からの大活躍だ。
いろんな先輩の記録を抜いていってもらいたいモノ。

<スポニチアネックスから>
◇全日本大学野球選手権決勝 早大4―0亜大(2012年6月18日 神宮)

 第61回全日本大学野球選手権は18日、神宮球場で決勝を行い、早大(東京六大学)が亜大(東都)を4―0で下して、5年ぶり4度目の優勝を果たした。

 亜大・東浜、早大・吉永の甲子園優勝投手同士の投げ合いは、1年生の吉永に軍配が上がった。

 早大は初回、亜大のエース東浜を攻略。4安打を集中して3点を奪い主導権を握った。東浜は2回以降立ち直りを見せたが、6回には4番杉山にソロ本塁打を浴びた。

 投げては1年生の吉永が速球とフォークボールを効果的に使い、亜大から8三振を奪い、7回4安打無失点投球。横山、有原とつなぎ優勝を勝ち取った。

---------------------

 早大先発の1年生右腕、吉永は「優勝は何回しても嬉しい」と話し、昨夏の甲子園に続いての日本一に満足げな笑顔を浮かべた。

 7回を4安打無失点、8奪三振の好投。「三振の数は気にしなかった。低目に集めた意識の結果」と控えめに振り返った。

 ピンチは5回1死3塁の場面。亜大のスクイズ策に対し、1球目は高目に投じ、ファウルを誘った。

 「2球目もあるかなと頭にあったので、低く外すことが出来た」と冷静な判断力が光り、無失点で切り抜けた。

 「(捕手の)地引さんがたくさん声をかけてくれるので、思い切ったピッチングができた」と1年生らしく先輩への感謝も忘れなかった。
posted by httr at 07:19| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ワセダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

ワセダ、6大学3シーズンぶり43度目優勝

2012/05/24(木) 晴れ

 昨夜は22:00ごろ眠り、
雪が降り積雪のなか家の前の路でクルマが数珠繋がり、
ボクのクルマはなんでか家の屋上に。
こんな夢をみたりしたけど、
5:30までよく眠れた。
 
 昨夜はわがドラゴンズがゴールデンイーグルスに負けたけど、
(前夜ノーゲームになった試合の3点持ち越しだったらなあ。)
日中ワセダが6大学で3シーズンぶり43度目の優勝を果たしたというニュース。
7−6と野球として一番面白いといわれる激戦だったみたい。
ウレシイねぇー!
早慶戦も盛り上がって欲しいなあ。

<nikkannsports.comから>
<東京6大学野球:早大7−6明大>◇第6週最終日◇23日◇神宮

 4回戦1試合を行い、早大が昨季覇者の明大に延長10回、7−6で競り勝ち、2勝1敗1分けで勝ち点を4として、3季ぶり43度目の優勝を果たした。勝ち点で並ばれる可能性がなくなった。早大は6月の全日本大学選手権に出場する。

早大1100200021=7
明大2000000220=6

【早】吉永、高梨、有原−地引
【明】山崎、関谷、月田、岡大−石畑、高橋隼
(本)小野田(早)

---------------------------------

 早大が延長10回、3時間40分の熱闘で明大を7−6と下し、3季ぶり43度目の優勝を決めた。優勝回数は法大と並んでリーグトップとなった。

 ここまで1年春ではリーグ史上初となる、先発4戦4勝のルーキー吉永健太朗投手(1年=日大三)が先発。1回に味方の失策などで2点を失ったが、得意のシンカーがさえて2回以降は7回まで付け入る隙を与えぬ好投。8回に四球と二塁打を許して降板したが、試合をつくった。岡村猛監督(57)は「非常にプレッシャーのかかる試合で、バックのエラーがあってもよく辛抱してくれた」と話した。


posted by httr at 07:11| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワセダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

アッパレ! 斎藤佑樹、開幕戦で完投勝利

2012/04/01(日) 曇り一時雨

 ファイターズの斎藤佑樹投手、
やっぱ「持ってる」ねぇー。
ひょっとして今年、大化けするかも?
彼の活躍は、
「持ってない」何の関係もないセンパイの一人であるボクにも
元気を与えてくれる。
応援続けよう。

<niikknaports.comから>
 張本勲氏が佑ちゃんに「あっぱれ!」。
1日のTBS系テレビ「サンデーモーニング」で、
3月30日の開幕戦で1失点完投勝利を挙げた日本ハム斎藤佑樹投手を絶賛した。
「あっぱれ! だ〜れが、完投すると思いました? いいボールを投げていました」。
ゲストの吉村禎章氏(元巨人)は
「栗山監督にあっぱれ! 斎藤に『キミがこれからチームを背負っていくんだよ』ということを示した」
と話した。

 大リーグの話題では、
イチローの奇抜な私服に張本氏が苦言を呈した。
「あのファッションはやめてほしいね。若い人が真似をするから」。
「喝!」こそ出さなかったが厳しかった。

--------------------------

(パ・リーグ、日本ハム9−1西武、1回戦、日本ハム1勝、30日、札幌ドーム)
 日本ハム・斎藤が開幕戦に登板。
1失点完投で、新指揮官を迎えたチームの白星スタートに大きく貢献した。
プロ2年目での開幕投手当確は賛否を呼んだが、
若き右腕は13安打を放った味方打線の援護にも助けられ、
プロ初の完投勝利。
周囲の期待に見事に応えた。

 大観衆の声援を背中に受け、小走りでマウンドに向かう。
赤褐色の土に、右足から踏み込んだ。
日本中が注目した“開幕投手・斎藤佑樹”の第1球。
ヘルマンの内角高めへ138キロ直球。
ストライクのコールにスタンドが沸いた。

 「キャンプのときから(開幕投手の)チャンスはあるぞ、といわれていたので、
気持ちと体の準備はしてきました。
大役をいただき、改めてことし一年、覚悟を持ってやっていこうと思いました」

 5年連続で開幕投手を務めたダルビッシュが米大リーグ、レンジャーズへ移籍。
大黒柱が抜け、次代の日本ハムを背負う新エースとなるべく、
栗山監督が期待を込めて大役へと指名した。
18日には栗山監督から
「斎藤で開幕 頼んだぞ! 共にチームのために」
と直筆の手紙を手渡された。
クールな斎藤も奮い立った。

 昨季は6勝6敗、今年もオープン戦3試合ですべて失点。
2年目の斎藤には時期尚早と不安視する声もある中、
多くの重圧を受け止めながら、
静かに“この日”を迎えた。
午後1時20分にジーンズ姿でリラックスした表情で球場入りすると淡々と練習をこなした。

 「選手は緊張していないと思うよ。
緊張しているのは僕と佑樹くらいでしょ」。
公式戦初采配となった栗山監督は試合前に冗談を口にしたが、
斎藤の体内を支配していたのは緊張感ではなく、闘争心だった。

 課題だった立ち上がり。
一回先頭のヘルマンを3球三振で絶好のスタート。
二死から中島、中村に連続四球を許すも、
両選手の打席では今季最速(143キロ)どころか、
プロ最速タイの145キロをマークした。
続く嶋を二ゴロで無得点。
二回一死の高山から原まで3者連続三振を奪い、
四回先頭の中島に左前打を許すまで無安打投球を披露した。

 斎藤のテンポよい投球に乗せられ、
日本ハム打線も一回にスレッジの適時打などで3点を先制すると、
四回から4イニング連続で加点した。
斎藤はそのまま1失点完投勝利。
着実に、そして力強く、新エースへの階段を上り始めた



posted by httr at 19:47| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ワセダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

箱根駅伝復路、逆転目指しガンバレ早稲田!

2012/01/03(火) 晴れ

 正月の楽しみは何と言っても箱根駅伝。
残念ながら昨日は劇団四季「ウィキッド」を観に行ったため、
まともに見たのは1区だけ。

 早稲田は残念ながら2位。
東洋が強すぎる。
特に5区の山登り、柏原クン(22)は、
4年連続の区間賞を新記録で飾ったという。
もう今後破られることないんじゃないのかな?

 復路、逆転目指しガンバレ早稲田!

<asahi.comから>
 第88回東京箱根間往復大学駅伝大会第1日は2日、東京・大手町から神奈川・芦ノ湖までの往路5区間108.0キロに20チームが参加して行われ、東洋大が4年連続4度目の往路優勝を果たした。5時間24分45秒は、従来の記録を5分以上も短縮する往路新。山登りの5区で柏原竜二(東洋大)は1時間16分39秒の区間新記録をマークし、この区間で4年連続の区間賞となった。

 2位は昨年の総合優勝の早大で、1位と5分7秒差。3位は明大で、昨秋の全日本大学駅伝を制した駒大は4位と出遅れた。

 東洋大は2区でトップに立つと、3区途中で追いすがる早大を振り切った。さらに4、5区で区間賞を奪い、後続との差を大きく広げた。最終日の3日は、芦ノ湖から大手町までの復路5区間109.9キロを走り、総合優勝が決まる。

--------------------------------

 山登りの5区を走った東洋大の柏原竜二(22)は、4年連続の区間賞を新記録で飾った。福島県いわき市出身の柏原は「僕が苦しいのはたった1時間ちょっと。福島の人たちに比べたら、全然きつくなかった」と、被災した故郷へメッセージを送った。
posted by httr at 08:52| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ワセダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

箱根駅伝、早稲田は1区1位

2012/01/02(月) 振替休日 雨のち晴れ

 今朝も寝坊、すでに箱根駅伝始まっていました。
早稲田は1区1位でした。

 仕事納めの日(28日)に、
Uサンに送ると約束したカレンダー、手帳とポジフイルム
やっと準備できたました。
これから郵便局に出しに行きます。
遅くなってホント申し訳ないです。

 その後は名古屋に向かい、
新名古屋ミュージカル劇場で
劇団四季「ウィキッド」見て来ます。
若さ溢れる舞台から、
今年1年乗り切る元気をもらってきます。
posted by httr at 10:09| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ワセダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

「ドジョウ」野田新首相には期待してもイイのかな?

2011/08/31(水) 曇り

 今日で8月も終わりだネ。

 3日連続で睡眠導入剤を飲んでしまったけど、
朝まで約6時間熟睡はできた。
当分エキスパートの試験問題で寝不足は続くだろうネ。
ホントはこのところサボってた
旅行の写真などをblogに掲載したかったんだけどなあ。

 新首相の野田さんはボクと同年、
政経学部だったとのこと。
学生時代どこかですれ違ってたかも?
「ドジョウのように泥臭く」と訴えてる。
少なくとも今までの二世首相のように、
途中で投げ出すことのないように。
そして、何より、
竹下登(第一商学部)、
海部俊樹(第二法学部)、
小渕恵三(第一文学部英文科)、
森喜朗(第二商学部)、
福田康夫(第一政治経済学部経済学科)と
どの人も日本という国をことごとくダメにしてきた
諸先輩の汚名を挽回してもらいたい。
最低限、これ以上早稲田の名を汚さないように、
少しでも日本の国を良くする政治をしてもらいたいなあ。
posted by httr at 07:21| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ワセダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

鍛治舎巧さんの甲子園解説きけなくなる

2011/06/15(水) 薄曇り

 目覚ましセット忘れ15分寝坊しちまった。

 昨14日(火)日経新聞朝刊終面の文化欄に、
長年テレビ・ラジオで甲子園中継の解説をやっておられた
鍛治舎巧さんの手記が掲載されていた。

 三十数年前ボクが現役か浪人生の時、
変わった名字で高校時代からその活躍を知っていた選手が
秋の早慶戦で4番スラッガーとして活躍するのをテレビで見て、
あーボクもできたら早稲田マンとして早慶戦応援したいなあ、
と思ったもんだ。

 彼は県立岐阜商業高出身で高校生の時は投手、
(ドラゴンズの和田や英智の大先輩だ。)
選抜甲子園では通算100号本塁打を記録してる。
早稲田ではベストナインにも選ばれ、
(当時の慶応4番はあの山下大輔さん。)
74年に松下電器産業入社、80年まで外野手・1塁手として活躍、
75年にはドラフトでタイガースが2位で指名(入団せず)。
84年から解説者をなさっていた。

 このほど、
パナソニックで常務としてブランド戦略を担当、
職域拡大に伴い放送席を離れることにしたとのこと。
彼の話す言葉は分かりやすく親しみ持てる解説だっただけに、
残念に思う。
早く仕事なんか辞めて解説に戻ってもらえないかなあ。
そうもいかんわなあ。
posted by httr at 07:16| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワセダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月31日

早慶戦で慶応完全優勝決める

2011/05/31(火) 快晴

 昨日30日、
春の早慶戦2回戦は3−4で早稲田が慶応に負けてしまった。
慶応は連勝で勝ち点をあげ2季ぶり33度目の優勝を決めた。
慶応の完全優勝は92年秋以来37季ぶりという。
残念だけど、
まだ慶応の優勝で良かった。

 ニュースによると、
慶応は3回に伊藤(4年、中京大中京)の適時二塁打などで先制。
竹内大(3年、中京大中京)から福谷(3年、愛知・横須賀)への継投で逃げ切った。
早稲田も8回に地引(3年、木更津総合)の適時打で1点差とし、
9回には佐々木(3年、早稲田実)が三塁打を放って粘りを見せ粘ったらしい。

 ボクの在学中も、
江川サンを擁した法政がトテモ強くて、
元ジャイアンツの松本サン・山倉サンら逸材がいっぱいいたにもかかわらず、
同級の現ブルーウエーブ監督・岡田サンらが活躍した4年の春しか優勝を味わうことができなかった。

 優勝どうこうよりまずは早慶戦、
勝ち負けより雰囲気に酔っていた。
そういう意味では昨日なんかは新入生にとってはイイ試合だったのでは。
ボク自身は秋の早慶戦が好きだ。
試合後最上級生選手がスタンドに挨拶に来てくれるのだ。
1年の秋の時はホント感激した覚えがある。

 いつも、いつまでも、
そういう早慶戦であって欲しい。
posted by httr at 07:30| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ワセダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

早慶戦観戦から丸1年

2011/05/28(土) 雨

 きょう28日、
神宮球場で早慶戦1回戦があり、
早稲田が1-6で破れ、
慶応が2季ぶりの優勝にあと1勝としたという。

 昨年の5月29日、
ボクは早稲田の祐チャンをどうしても見たく、
急性胃腸炎で入院中にもかかわらず抜け出し上京、
学生時代の友らと神宮球場で春の早慶戦第1戦を観戦した。
先発は予想通り斎藤クンだった。
途中小雨も降り寒かった。
試合は1−2で惜敗だった。
早いものでもう1年経ったんだな。

 今季はプロ入りした三本柱が抜け戦力ダウンで苦戦してるけど、
明日くらいは意地を見せてもらいたいもの。
posted by httr at 20:21| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ワセダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

大学時代の斎藤佑樹クンに会う夢みた

2011/02/23(水) 晴れ

 花粉症スイッチ完全にON。
今日は未明12:30ごろ目覚めてしまう。
鼻の方は良かったけど、
ノドがダメ。
咳き込んでしまう。

 その後1時間半くらい後に眠ることができ、
大学時代の斎藤佑樹クンに会う夢を見た。
近くに試合か何かでチームの一員として合宿。
試合前に近所で色紙とマジックを買い、
サイン会場の最後列に並ぶ。
いざ自分の番になった。
自分が齊藤クンより30年以上も先輩であること、
いつも応援してること、
など話す。
彼は関連グッズを買ってくれたらサインしますと言う。
でも碌な商品がない。
迷っているうちに目覚まし時計が鳴った。
結局サインはしてもらえなかったのかな。
posted by httr at 07:14| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ワセダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

日ハム・斎藤佑樹プロで始動

2011/02/01(火) 曇り

 プロ野球の春季キャンプがきょう1日、
宮崎や沖縄で12球団が一斉にスタートした。
日本ハムの新人投手、斎藤佑樹(22)=早大=も、
キャンプ地の沖縄県名護市で元気に始動したというニュース。

 もはやハンカチ王子でもなく早稲田の祐チャンでもなく、
プロ野球日本ハムの斎藤佑樹になってしまった。
誰以来だろう?
江川サン以来?
久しぶりの新人スターだ。
毎日毎日注目され大変だと思うけど、
開幕時に1軍登録されること願う。

 昨年5月29日(土)、
早稲田の祐チャンをどうしても見たく、
急性胃腸炎で入院中にもかかわらず抜け出し上京、
学生時代の友らと神宮球場で春の早慶戦第1戦観戦。
先発は予想通り斎藤クンだった。
途中小雨も降り寒かった。
試合は1−2の惜敗けど、
この内容ならばプロでも通用するかも?
と感じたものだ。

 先月25日(火)にドナドナしたデジカメとレンズ
SONY α380 DSLR-A380Lに75-300mm F4.5-5.6 SAL75300を装着して
斎藤クンを撮ったのを思い出した。
300ミリ望遠で撮ったけど小さいし、ボケボケ。
まあイイ記念にはなるか。
DSC01154.jpg

DSC01201.jpg



posted by httr at 20:36| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ワセダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

日ハムの佑と有

2011/01/16(日) 雪

 早稲田の斎藤佑樹投手らの新人合同自主トレが行われてる
日本ハムのファーム施設のある千葉・鎌ケ谷球場も、
早朝から降った雪でグラウンドが真っ白になったという。
午後からは鎌ケ谷市による新入団選手歓迎式典が予定され、
その入場券(500円)を求め午前8時30分過ぎには長い行列ができたとか。

 佑ちゃんは、
昨15日に日本ハム本社の商品展示会に出席し、
同席したダルビッシュ有投手(24)から
「僕とは人間としての質が違う」とほめられたという。

佑ちゃんもダルについて、
「体の大きさはすごいですし、雰囲気もありました。
全部見たいです。
チームメートだからこそ見られるウエートだとか、
食生活も含めて勉強になったらいいと思う。
外食? 誘われたら行きたいです。」

 早く追いつけるとイイけどネ。

posted by httr at 10:56| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワセダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。