2019年05月04日

東海林さだお『猫大好き』読み終える

2019/05/03(金) 晴れ時々曇り 憲法記念日

東海林さだお
『猫大好き』
2017年8月第1刷
文春文庫
254ページ
86CE60CD-0609-4960-AF9A-FDF9FFC9D279.jpeg
初出
「オール讀物」
2012年10月号〜2014年3月号
(「男の分別学」を改題)
単行本
2014年7月文藝春秋刊

まさか令和に変わった最初に東海林さだおを読むとは思いもしなかった ぼくは若い時ほんの一瞬東海林さだおに凝ってた時あって漫画もエッセイも集中していた時あった そのうち漫画もエッセイもそのノリはどうもオレには合わないという思いから一切離れてしまった

今回は丸谷才一からの猫繋がりで読み始めたがまるまる1冊が猫ものでなくラーメンエッセイから始まっていたので中断していた

「猫大好き」はさすが面白かった
猫の習性をすべて許してしまうのは猫好きのこれまた習性であるんだな 猫はこうして人間に可愛いがられていることや何をしても許されてしまうことをよく承知して面白がったり楽しんだりしているという東海林さだおの観察眼は鋭い

ほかでは内臓や神経や心理についてよく調べ自分ではコントロールできないことわかったというや内臓とわたし」や「がんは手術しないほうがいい」と主張している近藤誠先生との対談が意外にも面白く役だった 

2019/04/25(木)

昼からポートに針刺した処が赤くなり膿んで痛い 感染しているということで内視鏡で抜くことになり15:00ごろから急遽ベッドでポートの針を抜いて新たな針を刺したり股のところから管入れるための針を刺すなど準備し施術所にベッドのままサ運ばれました
16:00施術ベッドに移されたことまでは覚えているのですがすぐに痛み止めが効いて意識無くなりまたベッドで病室に戻りナースに起こされたのが18:00でした

2019/05/03(金)

今日まで一週間以上たち変わったのは点滴はポートではなく右腕からという点だけです


posted by httr at 23:03| 岐阜 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。